筑波大学 芸術系の先生とアート活動

保育園・児童クラブの活動として、筑波大学 芸術系の直江先生・吉田先生をお招きしてアート活動を行いました。

4歳児・5歳児を2グループに分け、直江先生からは絵の鑑賞を。吉田先生からはにじみ絵を教えていただきました。

 

 

絵の鑑賞では、描かれている物から何を感じる?なぜそう感じるの?と先生が聞くと、絵に近づき、それぞれの見え方を一生懸命話す園児の姿がありました。

 

 

児童クラブではプロジェクターを使用して説明。みんな積極的に手をあげてどう見えるか?どう感じるかを発表してくれました。

 

 

造形活動のにじみ絵では、水にぬらした紙の上に水彩絵の具で着色していくという工程をやりましたが、絵の具がにじんでいく様子を見て、「きれい!」「どうしてこうなるの?」などと楽しみながら色を塗っていました。

 

 

 

 

 

 

次回はどんなアート活動になるのか楽しみです♪

This entry was posted in 日々のできごと. Bookmark the permalink.